ビフィズス菌サプリを健康に役立てたい方のためのサイト

未分類

宅配食のデメリット

食事宅配サービスにはメリットが多いのですが、少しのデメリットもあります。
「調理済みだから高いんじゃないの?」というのが頭に浮かびます。
残念ながら、コスト面では家庭で調理した方が安くできることもあります。
ただし、家庭で調理する場合の栄養バランスがきちんと考えられているかどうかは別問題です。

宅食サービスを頼む場合、送料や入会金・年会費などが必要になる場合があります。これは全ての宅食サービス業者が該当するわけではありません。送料や調理するスタッフなどの賃金も製品に反映していますから、コスト面でデメリットになるのは仕方がないと理解できます。

また、宅配食のデメリットとして、届いた食事に嫌いな食材が使用してあるということがあります。味付けも好みではないものもあるでしょう。さらに継続して同じ業者の宅配食を利用していると、献立や味付けにあきてしまうというデメリットがあるようです。

こうしたデメリット部分を知った上で、それを上回るメリット部分が多ければ利用するとよいでしょうね。

宅配食サービスでも特別なものとして、法事や会議などのイベントで利用する場合などには、有名老舗店が宅配している豪華なお弁当などがあります。

また、季節ごとのお祭りや、行楽弁当などにもちょっと贅沢なお弁当の宅食サービスを利用する人も多くなっています。

日本ではお正月には欠かせないと言われる、おせち料理も最近では家庭で作らなくなってきて、デパ地下やお取り寄せを利用する方が増えています。
そんな風潮から有名な和食の老舗店やホテルが、インターネットのサイトから注文できる、おせち料理の宅配サービスに参入しています。

価格も1万円前後から高いものは10万円もするものまであり、その豪華さは年々ヒートアップしているようです。

こういった宅食サービスは、1回限りというのが大半なので、入会金や登録などの手続きはありません。通常の通販という感覚で注文できます。

介護が必要な高齢者がいる家族の場合、お年寄りだけのためのメニューを考えなければなりません。毎日3食を作るのは本当に大変です。まして世話をする方が働いていればどこかで息抜きが必要になります。

せめて3食のうちの1食だけでも宅配食にすれば、とても便利で助かります。
また、高齢になると食べ物を飲み込みにくい、硬いものは噛めないということもあります。

高齢者専用の宅配食なら、そういった点の配慮がしてあります。
また、高齢者の一人住まいであれば、一人で食事の支度をするのが大変です。
高齢者夫婦だけの世帯でも、宅食サービスを利用する家庭が増えています。

以前は、出前を取ったり、出来上がったものを買って食卓に乗せるのは、主婦として失格のように言われたのですが、今は宅配食でも充分おいしく栄養バランスもよいため、却って健康には良いのではないかと言われています。

・今話題の食材宅配サービスを欲張り主婦がメッタ斬り!【食材宅配体験記】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>